医療系の専門学校

専門学校の中でも医療系の専門学校は入学者の数が最も多く、最も需要のある学校と言えるでしょう。医療系専門学校の数は平成27年度時点で1325校存在します。医療分野の中でも多くの系統と学科が存在します。多い順に看護、理学・作業療法、医療分野その他、歯科衛生など多岐に亘り、そこで学ぶことも卒業後に取得可能な資格も大きく変わります。

看護科では複雑化する医療の現場でチーム医療を発揮できる人材を育成しています。実践的な教育カリキュラムで現場の実務を学べるようになっています。将来は看護師長や主任などマネジメントをも行う仕事を視野に入れて学ぶことになります。

看護師資格を持っている方はニーズが高く、就職は困難ではありません。しかし、夜勤や肉体的、身体的に負担が大きいので仕事内容は簡単とは言えないでしょう。さらに、介護福祉士などの国家資格を持っていなければ、給料も仕事に見合ったものとは言えません。そのため、看護系の仕事を志すならば専門学校に入り、しっかりとした資格を取得するのが望ましいです。

学費は年100~200万程度で入学から卒業までの期間は学校によって変わります。入学する前にしっかり調べて自分に合った学校を選びましょう。